好条件の求人は待っているだけでは見つからない!

待っているだけではいけません

転職経験者が少ない医療機関に入って行くと、多くのスタッフから決まって同じ質問をされる、合言葉のような「どこかいいところない?!」

 

転職経験がある人が来たら、すかさず聞く!みたいな。

 

実際のところ…

 

そんな場所知ってたら、私だってはじめっからそっちに行くっつーの!!(笑)…とまあ、こんな感じです。

 

逆に、このような質問を投げかけて来る人に聞きたいことがあります。

 

あなたが思う『いいところ』って、どんなところ?

 

だってそうでしょ?人それぞれ、転職に至る経緯や、今後の進路は違うもの。

 

それなのに、他の人の目から見た『いいところ』のオハナシを聞いたところで、どうにもならない気がします。

 

いっちーが思うに、『いいところ』なんて多分どこにもありません。「じゃあ、一生不平不満を抱えて看護師やっていくしかないの?」

 

いいえ、そんなことはございません!

 

『いいところ』は元々存在しているワケではなく、その時々に合わせて、自分で勝手に決めればいいだけです。

 

もっと具体的に説明すると、自分にとってのベストな職場とは、『今現在の自分が譲れない部分をカバーしてくれる職場』ということ。

 

年収アップが今の目標なら、多少しんどくてもお給料がいい職場が、今のあなたにとってベストな職場になります。

 

プライベートを重視した生活を送ることが今の目標なら、少々年収が減ったとしても、オンとオフのメリハリをつけやすい職場が、今のあなたにとってベストな職場になります。

 

さらっと書きましたが、この『今のあなたにとって』という部分が非常に重要となります。

 

人って、取り巻く環境によって、求めるものや目指すものが変わって来て当然だと思います。

 

だから数ヶ月〜数年単位で自分の居場所が合わないと感じるようになるのは、向上心が強かったり、好奇心が旺盛ということの表れです!

 

転職先を考える時、ただ漠然と『いいところ』を探すのではなく、「今の自分にとってベストな職場は?」という気持ちで、自分の希望を明確にしておくことがコツです。

 

転職活動があまり上手くいかないと感じている人は、ひょっとすると自分が新しい職場に求めるものが、まだクリアになっていないのかもしれません。

 

好条件の看護師求人は待っているだけでは見つかりません。とりあえず情報を集めるところから始めましょう。

 

情報を見比べるうちに、自分が求めているものが何か発見できるケースもあります。